OCSP Staping の導入を調査する

● OCSP Staping の導入を調査する

OSCPとは こちらをご覧ください。
https://bit.ly/2Yc79mf

https接続の時のレスポンスの高速化が期待できます。
そこで今回は OCSP Staping の導入を調査し、正しく設定することによって Webサイトの高速化を行いたいと思います。

● OCSP Staping の導入を調査する

openssl s_client -connect <ドメイン名>:443 -status

こちらのコマンドを実行します

正しく導入されている場合は

OCSP Response Status: successful (0x0)

導入されていない場合は

OCSP response: no response sent

が返ってきます

● OCSP Staping の導入を調査する( Plesk編 )

今回はpleskでOCSP Stapingを導入してみます。

「ウェブサイトとドメイン」 > 「SSL/TLS 証明書」 > 「OCSP Staping のスイッチを on  にする」

以上です。

再度OCSP Staping の導入を調査して結果が正しく返って来ればOKです。!

OCSP Staping の導入を調査する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Posting....